Miyashita Mariko

2017年11月アーカイブ

母校の創立130周年記念スペシャルプログラムとして、「東京藝術大学若手芸術家支援基金」チャリティー・オークション展が開催されます。
大学創立130周年を契機として、今後我が国の文化芸術を担う若手芸術家を支援するため設置する「東京藝術大学若手芸術家支援基金」の活動資金を獲得するために実施するもので、藝大にゆかりのある芸術家から寄贈された作品を出展します。
東京藝術大学の卒業生・教員である芸術家110名が出品している見ごたえある展示と思います。

新作4号1点を出品させていただきました。お気に入りのモチーフの青い船です。

宜しくお願いいたします。

EPSON004.JPG

東京藝術大学130周年記念スペシャルプログラム



「東京藝術大学若手芸術家支援募金」チャリティー・オークション


平成29年11月10日(金)~13日(月)
午前10時~午後5時

会場:東京美術倶楽部 東美ミュージアム4階
東京都港区新橋6-19-15
電話03-3432-0191

販売方法:入札方式により催行落札者に売却
改札:11月14日(火)(於 東京美術倶楽部)



入札方法等、詳しくは・・・

https://prw.kyodonews.jp/opn/release/201710056532/





先日、母校の130周年記念式典があり、出席してきました。

IMG_0652.JPG藝大の式典といえば、入学式や卒業式もそうですが、いつも長い話を聞いた記憶がありません。

演奏に始まり、演奏に終わります。





その合間に簡潔で手短な祝辞や挨拶があります。

演奏は藝大の教員や在学生・・・学生といってもプロの集団なのでいつも聴き応えのあるコンサート気分です。



今回も素晴らしい演奏でした。





IMG_0664のコピー.jpgそして名物学長だった宮田亮平先生もご列席に。

檀上でいつも通りの心をグっと捕む話をしてくださいました。

今や文化庁長官となってとっても偉くなってしまいました。

私が学生時代は宮田先生はテニス部の顧問をしていたのでよく研究室にテニス部の活動に必要なハンコをもらいに行っていました。

当時は教授で、ちょうど学部長になった頃だったのですが「オレ偉くなっちゃってよぉ~」って笑いながらお茶を入れてお菓子を出してくれたりしました。(宮田先生が煎れたお茶なんて!!今思えばすごい。)

それから学長になったり、オリンピックエンブレム委員会委員長になったり、文化庁長官になってしまいました。

私が卒業した時に学長だったので、卒業証書を宮田先生から受け取ったのも良い思い出です。

祝賀パーティーでは錚々たる顔ぶれが集い、圧倒されてしまいました。

それが藝大を構成している藝大たる所以なんだろう・・・と体感しました。


藝大130周年の記念行事として色々企画されています。


またご案内します。