Miyashita Mariko

感動の一部始終

今日は、親戚の家のワンコ(キャバリア)が出産を迎えるということで、その貴重な瞬間に立会うべく朝から出かけておりました。

 

ココア4.jpg

 

本当に最初から最後まで立会い・・・というより、助産婦してきました。(笑)

臍の緒を糸で縛って、カットするというとても重要な役を任されました。

この日ばかりは、目が良くて(裸眼2.0)手が器用でよかったと思ったことはありませんでした・・・。

 

家族に見守られ、壮絶な5時間(前日からするともうまる1日近く)の激闘の末、合計4匹の元気な仔犬を産みました。

 

ココア2.jpg

 

>>出産を全て終えて母らしい表情になった母犬。

 

 

 

 

 

 

 

ココア1.jpg

 

>>元気にお乳を吸う4匹の仔犬

 

 

 

 

 

 

 

ココア3.jpg命が生まれる瞬間って感動するものですね。

でも、実際生まれる瞬間は壮絶で、感動している余裕はありませんでした。

そして、全てが終わって、母犬が母犬らしく仔犬の世話をし始めた瞬間、フっと肩の力が抜けて、じわ~っと感動してきました。

 

帰り際に「本当によかった・・・(涙)」としみじみ思いました。

母も、そしておなかにいた仔犬たちも全て命が無事で、本当によかったです。

 

小さな命から多くの感動を学ばせてもらった一日でした。