Miyashita Mariko

籠り制作

世の中大変な状況で、例年取材に出かけてた時期にはどこに行くこともなくずっと籠って制作を続ける日々を過ごしております。

IMG_1319.jpeg新作の題材を海外の取材によって得ることが難しいので、これまで取材し貯めたものの中からまだ絵にしていないものを整理したり、最近では徒歩で行ける範囲で様々なものを見て構想を練るようにしてます。

また、出歩く時間が減ったこともあって最近では本をよく読むようになりました。最近愛読しているのは三浦梅園の哲学書です。

この機会に色々な出来事が糧となって新しい境地を発見できるかも!とポジティブな気分です。

そんな中で7月16-19日には松坂屋名古屋店にて催事があり、準備を進めております。

夏の時期なのでできるだけ爽やかな海の風景を用意しております。










来場は18(土)19(日)を予定しておりますが、まだ行けるかどうかわからない状況です。

ご無理のない範囲で皆様のお目に触れる機会があれば幸いです。


***

Fine Art Collection

2020年7月16日(木)→21日(火)各日10時〜19時ただし最終日は16時閉場

松坂屋名古屋店 南館8階 マツザカヤホール

***

fineart.jpgのサムネイル画像Fine Art Collection催事に続き、9月に作品を増やして個展が予定されております。

「風を映して 宮下真理子展」

2020年9月16日(水)ー22日(火)各日10時〜19時ただし最終日は16時閉場

松坂屋名古屋店 美術画廊

松坂屋名古屋店 本館8階


〒460-8430 名古屋市中区栄三丁目16番1号 

地下鉄名城線矢場町駅 地下通路直結(5・6番出口) /地下鉄栄駅 16番出口より南へ徒歩5分

***

予断を許さない状況下でお知らせするのも憚られますが、静かに、そっと、お知らせさせていただきます。

少しでも心が晴れるような作品が用意できればと思って準備しておりますが、皆様の健康が第一ですのでご無理なさいませんように。。。

Stay at home.

新型コロナウイルスが猛威を振るっている中ではございますが、皆様お変わりないでしょうか。ここしばらくの展示の予定は全てキャンセルとなっております。

まずは皆様の安全と健康第一なので致し方ないことと思っております。

さて、コロナ騒動の中の私の過ごし方というのは実は騒動以前と"全く変わりがない"のでチョット話題にしてみます。というのは、「外出をいかに減らしてアトリエにいる時間を作るか」というのがそもそもの根底にあったからです。

年に数回、取材で海外に出かける以外は制作に入ると一日の万歩計の歩数が100歩程になります。アトリエとトイレの往復しかしないからです。

日々の生活用品はネットで購入し、週に一度の生協さんの宅配で一週間分の野菜や精肉は届きます。アトリエにいる時間を長くとればとるほど制作に集中することができるので、ムダな外出は全て省くという、根っからの引きこもり体質です。

これはこれで健康によくないので、犬を飼いました。

朝晩の散歩のおかげで飛躍的に歩数を伸ばし、健康維持に最適とされる一万歩まで改善されました。

そんな感じなので油断するとすぐに引きこもりになり、アトリエで10時間以上じっとしてしまうというのが悩みの種でもありました。

しかし、今となってはこの生活スタイルがトレンドのように推奨されています。

長年に渡IMG_1294.JPGいかにして引きこもりになれるか?をポジティブに環境作りをし、アトリエの海の底に沈む深海魚のような生活に耐性があるせいか、外出自粛は私に影響ありませんが、深海に住まない人にとってはとても大変なことだと思います。

でも、深海も悪くありません。

「不要不急の外出自粛」と言われていますが「~するな」と言われると反発する気持ちがでてきてしまうかもしれません。

なので、「引きこもり推奨、大絶賛」とポジティブにとらえて、できる限り自宅で楽しく過ごす方法を工夫してみてください。


絵を描くのも良いですよ。

そしてこの状況が1日でも早く改善していくことを願っています。


#Stay at home.

←トリミングは不要不急の外出につき、しばらくモジャモジャ状態のもうすぐ2歳の愛犬。

第75回春の院展

第75回春の院展が3月25日(水)~4月6日(月)日本橋三越本店 本館・新館7階催物会場にて開催、終了しました。ありがとうございました。

このような情勢の中ご案内が難しいので、控えめに開催の情報を出しております。

会場に足をお運びいただくことが叶わない状況下でも、作品を描いて出品するという毎日に変わりはありません。

新作を楽しみにしてくださる方に少しでも喜んでいただけたらと思っております。

会場でご覧いただくことが難しい状況ですので、こちらで作品掲載と解説を載せたいと思います。

2020春の院展「巴里の休日」_editedweb.jpg



***

 

第75回春の院展出品作

「巴里の休日」

取材:フランス・パリ・カンボン通り

休日の朝のカンボン通り。9月に訪れたパリはひんやりとした初秋の空気で朝を迎える。

時と共に徐々に人足が増えてその冷えた空気を押し上げ、人の賑わいと陽の光が徐々に増し、街に活気と彩りが加わっていく。

朝のひんやりとした陰の湿度と人の活気の彩りの対比を印象的に捉えて描いてみました。

 
 


***
 

 

パリの街角で実際に出会ったポルシェのクラシックカー(356C)に目を奪われ、その鮮やかな青さを日本画の天然群青で表現してみようと思いました。

今、世界中でCOVID-19が猛威を振るっております。私が取材で訪れた場所も今は静かなことと思います。

全世界の皆様が健康で幸せであることが何より尊いことです。

またいつもの日常が訪れますことを願って筆を進めていきたいと思います。




***

春の院展は巡回しますが、今後、中止が予定される場合もございます。

くれぐれも皆様、健康に留意してお過ごしください。


<巡回展>

◆札幌展
5月12日(火)~5月17日(日)札幌三越

◆福井展

5月22日(金)~5月31日(日)そごう福井店

◆大阪展

6月10日(水)~6月15日(月)阪急うめだ本店 ※中止になりました

◆横浜展

7月17日(金)~7月26日(日)そごう美術館

◆松江展

8月27日(木)~9月1日(火)一畑百貨店松江店

◆神戸展

9月9日(水)~9月14日(月)神戸阪急

◆新潟展

9月24日(木)~9月28日(月)新潟伊勢丹

3月の個展のご案内

だいぶ暖かくなってまいりました。毎日制作していると、絵具の乾くのが早くなってきて季節を感じております。

来週、3月12日より個展を東武百貨店にて開催いたします。

リーフレット表.jpgリーフレットウラ.jpg

新型コロナウィルスの流行に伴い、様々なイベントが中止・縮小・延期等に見舞われております。

今回の個展もどうなるのかまだわかっておりませんが、予定として決まっているものをお知らせいたします。


+++

風と光の追憶ー宮下真理子日本画展
会期:3月12日(水)~18日(火)
会場:池袋東武 6階1番地 美術画廊


+++

尚、個展出品作品の一部は4月15日~20日開催の「春の東武絵画市」でも出品を予定しております。

いつも開催している土日いずれかのトークイベントや、来場予定等もどうなるか今の所未定です。

百貨店の営業時間が短縮営業になっておりますのでご注意ください。

時節柄、みなさまどうかご無理のないようお過ごしいただけたらと思います。

あけましておめでとうございます。

nezumi.jpg

年末年始は春の個展の準備に追われておりました。

2020年は3月と9月に個展を控えております。

*3月12日~18日 東部池袋本店6階美術画廊

*9月16日~22日 松坂屋名古屋店 美術画廊

気持ちも新たに本年も制作に邁進していきたいと思います。

どうぞ宜しくお願いいたします。

久し振りの高知

※サイト不具合復旧してやっと投稿・・・。

ご無沙汰しております。

IMG_0839.JPG学生時代に散々お世話になった高知の紙産業技術センターへ久しぶりに行ってきました。

博士号学位取得の為に和紙再現の研究をしていたのは15年程前・・・その頃は行く機会がずいぶんありましたが、ここの所はご無沙汰しておりました。

和紙の研究はとても地道でしたが大変得難い経験もさせてもらった場でした。

行ったついでに和紙(補修紙)選定技術保持者の江渕さんの漉いた和紙を分けてもらいました。

その名も「ルーブルの紙」

ルーブル美術館で使用する補修用の和紙を(オーダー品)の残りもの。

最高級の材料で、最高の技術で漉かれた紙。

・・・でも、保存修復用。

IMG_0841.JPG

この紙が名画の裏側にしか用いられないなんて勿体ない。

・・・分けてもらった紙を用いて作品にしたいなぁと只今、構想を練っております。

再興第104回院展

個展が終わった後、息つく暇なく夏の制作シーズン突入でした。
大変ご無沙汰してしまい・・・長らく音信不通でしたが、無事生きてます。
そして作品も無事、入選して展示されることとなりました。
今年の夏の大作は5月のプラハ取材から着想して描いてみました。

個展などの制作では花鳥画を好んで描いてきましたが、おそらく院展に花鳥画を出すのは初めてかもしれません。

69264351_2439649739448152_1879495289505579008_n.jpg

タイトル「杜の宮殿」と題した孔雀を大画面に配した構図。
杜は神木の意味があります。


大きな魂の宿る木が包み込む空間こそが孔雀の棲み処。木々の木漏れ日や木陰が色めく宮殿。

そんな美しく華やかな世界を表現してみたいと思いました。

そして命あるもののパワーを絵から感じてもらいたく、見る方が元気になるような力強い作品になるよう心掛けました。

 

 

休みなく籠りっきりでしたが、いつになく楽しく生き生き描いていました。

愛犬ラッキーちゃんは、私が毎日アトリエ引きこもり生活なので独占できて嬉しそうなのですが、絵に近づくと怒られるので乗り板の向こうから恨めしそうに絵を眺めてモジャモジャしてました。

お時間ございましたら是非お出かけ下さい。

***

再興第104回院展
会期:9月1日(日)~9月16日(月・祝)
   〈9月2日(月)は休館日〉
会場:東京都美術館(上野公園)ロビー階第1〜4展示室
入場料(税込): 一般900円(700円) /70才以上は700円/ 大学生以下無料
入場時間: 午前9時30分~午後4時30分 (16日は正午までの入場、午後1時閉場)
http://nihonbijutsuin.or.jp/

和樂Web掲載

明日から日本橋三越本店にて個展が開催されます。

和楽.jpgその個展に関連してこの度、和樂Webに掲載記事が出ました。

とても分かりやすく、今回の個展に対する姿勢等も丁寧に紡がれていると思います。

素敵な竺仙とのコラボレーション秘話等、読み応えがあります。ホント丁寧に取材された様子が伝わります。

是非、アクセスしてみてください!

https://intojapanwaraku.com/culture/11728/?fbclid=IwAR1AACP5NFeQahm_Si6AyLlywb-cOEsJStNBJ6AE_uzjL0GxkSY4XsGccF4

月刊江戸楽

ゆかた新作リリースに向けて様々な媒体にて取り上げてもらいました。
58375222_2220759851337143_7489807873367605248_n.jpg57503185_2220759904670471_7015263709995991040_n.jpg↓江戸楽5月号に掲載です↓
https://www.fujisan.co.jp/product/1281683484/...

日本橋三越にて販売の新作についてはリーフレットに掲載です。

これにあわせて作品を制作しております。

さて、個展まで残り1ヶ月をきりました。個展に合わせて作品を日々制作している最中です。

そんな折、今期のゆかたデザインを手がけたものがリリースされて三越の特設サイトに掲載されてます。

こちらは三越オリジナルで2柄リリースされております。

自分で作画したものを自分で着ています。

...自分で着たいと思うものを描いた、という方が正しいと思います。

してモデルもさせてもらいました!

https://www.mitsukoshi.mistore.jp/common/event_calendar/yukata/feature04.html?fbclid=IwAR2WybMjQXoaicGODFIMhFpVpPH8X9KaRJScBzMjg-SuVX_ugjon9pVh_S8

 ゆかた1.jpgゆかた2.jpg

販売は個展の時期に合わせて開始します。

お忙しいこととは存じますがお出かけくださいましたら幸いです。

***

爽穹の息吹 宮下真理子 日本画展

619日(水)〜24日(月)最終日午後5時閉場

■日本橋三越本店 本館6 美術特選画廊

Event

ギャラリートークイベント

623日(日)午後2時から

***

Archives